エラ削りによる美容整形

深刻な顔の悩み

女性であれば、誰しもどこかにコンプレックスを抱いている方も少なくない事でしょう。
特に、顔に関する悩みは深刻です。
肌荒れをはじめ、一重瞼である事や、頬骨が張っている、など。
それが、私の場合はエラの張りでした。
なので、美容整形を受ける事にしたのです。
私と同じような悩みを持つ方へ、今回はエラ削りとその効果、安全性についてご紹介します。
私がエラを気にし始めたのは、社会に出てからでした。
はじめはそうでもないのでは、と思っていましたが、自分で思うよりも周囲はエラが張っていると思っていたようです。
直接指摘を受けたのは、社会人2年目の頃。
美容整形など受けるお金もまだ貯まっていませんでした。
なので、シャドウでなんとかエラを隠す、という方法をとっていました。
その頃は美容整形もまだ今程メジャーな時代ではなく、ボトックス注射がようやく話題になり始めた頃でした。
しかし、その注射による後遺症や、効果が現れる人とそうでない人がいる事を知り、社会人6年目でようやく美容整形クリニックを訪れました。

初めてのエラ削りに緊張した

自分の持っているコンプレックスの中で一番大きなものとして、顔が大きく見えるというものがあります。それはエラが張っているため顔が大きく見えていて、昔からどうにか隠せないか試行錯誤をしたこともあります。しかし、自分にはどうすることもできませんでしたので、整形としてエラ削りを利用してみることにしました。エラ削りは骨を直接削るため、痛みがあるのではないかということや整形後の傷が治らないのではないかという不安もありました。ですが、どうしても削って顔を小さく見せたかったため思い切ってクリニックを訪問しました。いきなり手術をするのかと思っていましたが、まずはどのような悩みで訪問したのかカウンセリングから受けることになりました。簡単な質問とどのような状態にしたいのかという話をして、自分の顔写真からパソコンを使って整形後のエラがない状態の画像を見せてもらいました。エラを削るといっても完成後のイメージができなかったため、このカウンセリングはとても助かりました。その後はトントン拍子で話が進んでいき、整形手術も麻酔を打たれているためあっという間に終わりました。アフターケアのおかげもあり、現在では満足のいく顔の大きさになることができました。

深刻な顔の悩み先生はとても親身になって相談に乗ってくれたリスクもあるので、慎重な病院選びを